Vol.15 2008.07.10
発行/編集 全国商工会連合会
http://www.shokokai.or.jp/

 

コンパス・コラム
座談会「農商工会連携で地域に活力を」

プライスレス・メッセージ
現場主義とお客様中心主義の中から生み出された未来を彩る魔法の技術。中小企業の“おやじ”からのこころ温まる夢一杯のプライスレスメッセージ。その後編です

経営サポート虎の巻
最低賃金法が改正されました。

耳よりえり抜き物産リコメンド
商工会地域のえり抜きの特産品情報です。

コンパスカフェ
 あなたのご意見をお聞かせください。

編集部おすすめHP

 

 
 コンパス通信第15号をお届けいたします。原油価格の高騰などにより、厳しい景況感が続いています。梅雨明けの暑い夏の商戦に期待したいところです。さて、今回も会員の方ならではのえり抜き、お役立ち情報満載でお届けします。どうぞお楽しみください。
 
≫霊験あらたか 商売繁盛≪

■座談会「農商工会連携で地域に活力を」

   地域を活性化させるには地域経済を支える農林水産業者、中小商工業者が元気になることが不可欠です。国の強力な後押しも受けて、日本全国で農商工の連携を通じて新しいビジネスを生み出す取り組みが行われる中、なぜ今、農商工連携なのか、第一線で農商工連携に取り組む方たちに大いに語っていただきました。


* 関連記事も含め詳しくは月刊「Shokokai」7月号をご覧下さい。

 
詳細はこちら 座談会「農商工会連携で地域に活力を」

「未来を彩り始めた魔法の技術」/後編 株式会社 アビー
代表取締役社長 大和田 哲男



 中小企業の“おやじ”が生み出した夢の技術が日本の地域をよみがえらせ、世界を飢餓の淵から救う。後編では迫り来る食糧危機のこと、さらには商工会に期待することなどについてもお聞きしました。
「未来を彩り始めた魔法の技術」/後編

事業おたすけクエスチョン


平成20年7月1日に、最低賃金の決定基準や罰金の上限額、
派遣労働者への適用関係などについての大改正を盛り込んだ
「改正最低賃金法」施行されました。

<改正のポイント>

●地域別最低賃金の不払いの場合の罰金額の上限が2万円から50万円に引き上げられます。

●産業別の最低賃金の支払いに関する罰則が変わります。
 (最低賃金法の罰則は適用されなくなり、労働基準法の賃金の全額払違反の罰則
(罰金の上限額30万円)が適用されます。)

●障害により著しく労働能力が低い者などの適用除外が廃止され、最低賃金の減額特例が新設されます。

●派遣労働者については、派遣先の地域(産業)の最低賃金が適用されます。

●時間額、日額、週額又は月額で定めることとされていた最低賃金額の表示単位が、時間額のみになります。

*詳しい内容については各都道府県労働局、労働基準監督署へお尋ね下さい。

厚生労働省


全国各地に拠点を構える商工会ならではのネットワークから、厳選された物産品をピックアップ!
知られざる逸品、こだわりの名品など、地方色豊かな物産をご紹介します。あなたの町のおススメ物産情報がありましたら、是非ご紹介ください。
ご連絡は mag@shokokai.or.jp まで。
夏、間近です。
★身延湯葉丼
★北東北のへっちょシリーズ・花輪ハヤシ

 日蓮上人ゆかりの地、身延の特産品で約700年の持つ湯葉。その湯葉を使った「酒季彩菜 いち川」の人気のオリジナル丼がレトルトパックになりました。 和風あんかけ風に仕上がったヘルシーな味をご家庭でお楽しみ下さい

(山梨県身延町より)


 1人前レトルトパック 550円(税込/送料別)


 トマトの名産地秋田県鹿角地方の完熟トマトをふんだんに使い、商工会青年部の自由なアイデアと行動動力でつくりあげた特産品です。豪華絢爛な地元の祭りをイメージした贅沢なハヤシソースに仕上がっています。

(秋田県鹿角市より)

花輪ハヤシ 内容量 260g  600円
(税込/送料別)

身延湯葉丼のお問い合わせ:ゆば工房 いち川

花輪ハヤシのお問い合わせ:全国の商工会ふるさと特産品情報 マルシェ


 現在、全国連が管理する商工会のPR媒体としては、月刊「shokokai」誌、 全国連オフィシャルホームページ、それに現在ご覧になっていただいているこの「コンパス通信」があります。今回はこのうちどのくらいの方が、実際に月刊「shokokai」誌をご覧になったことがあるかについてお伺いします。

ご覧になったことがあるという方は<はい>、 ないという方は<いいえ>でお答えください。

 ≫ ご意見はこちらから ≪
コンパスカフェ 「月刊「shokokai」誌をご覧になったことがありますか?」

前号リサーチ結果について

 前号コンパスカフェでは、商工会職員の巡回訪問の強化により、商工会を一 層利用しやすくなるかどうかについてお聞きしました。結果、お答えいたたいた全ての方が、<はい>とお答えになりました。会員の方も巡回訪問の強化を強く望んでいるようです。今後の参考にさせていただきたいと思います。有難うございました。

具体的なご意見としては、以下のようなご意見をいただきました。

*いずれも<はい>とお答えの方のご意見です。

● 大分県では合併後のあり方として、本所支所体制の中で、本所に人員並びに業務を集中し、一方で支所は2名(1名は経営指導員)体制とし、経営指導員の主たる業務は巡回指導を実施しています。目標として、毎月1回巡回訪問することにしています。会員の経営に対する諸課題を把握し適切に対応していくためには、指導の原点である巡回が重要だと思います。
大分県50代男性

●商売でも売り手と買い手が頻繁に顔を合わせると情が出ると言います。やはり、知っている人と知らないとでは180度違います。 直接、売上につながり、利益の増大につながればとがんばる商売人と、成果が見えにくいので、巡回に腰が重くなんだかんだと言訳を自分にして、巡回を後回しにしてしまう商工会職員。それでは商売人を指導してあげるというのはなんか変ですね。地味だけど種を蒔かなければ芽はでないし、花は咲きません。第一に会員の巡回に重点を置いてください。机にじっと座ってばかりだと会員は仕事ちゃんとやってんのと疑いたくなるもの。商工会にあんまりいないけど、「そう、巡回にいってるの。」と言われる方が会員も納得できますね。
佐賀県40代男性


 なお、具体的なご意見をお寄せいただいた方には粗品を差し上げております。よろしければご意見をお寄せいただく際に併せてご住所等をお知らせください。

≪お知らせ・おねがい≫

 編集部よりのお願いです。より良い紙面づくりのために読者の皆様の業種、性別、年代をご登録下さい。また、併せて欲しい情報があれば教えて下さい。

●登録はこちら→ https://ml.shokokai.or.jp/app/application.php?act=off&x=1086085

編集部おすすめHP
 


佐賀県白石町商工会


 100万会員ネットワークに参加し、積極的に会員情報を発信している商工会の一つ。商工会の事業紹介から地域の観光、イベント情報まで一通りの情報がコンパクトにまとまっているが、その中で目を引くのが会員情報と物産情報の充実振りだ。会員企業のビジネス面でのサポートと、地域経済の活性化という目的が伝わってくるサイト。


http://www.sashoren.ne.jp/siroishi/
 

発行元:
全国商工会連合会
〒105-0004 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル8階
電話03-3503-1251
http://www.shokokai.or.jp/

ご意見・ご要望は、mag@shokokai.or.jpまでお願いします。

テキスト版をご希望の方はこちら:https://ml.shokokai.or.jp/app/application.php?act=off&x=973973
購読解除:https://ml.shokokai.or.jp/app/application.php?act=off&x=987987